健康 病気に関する商品についての口コミ情報

健康 病気に関する商品についての口コミ情報 を公開します!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- │ スポンサー広告
2012-08-09

リンパ節のしこり

このリンパ節の中をリンパ液が流れているわけで、血液と同じように体の中を循環しているのです。
リンパ管の道中においてリンパ節があり、これは外から侵入してきた細菌やウイルスなどが、体中を循環しないように、ダムのような働きをしています。
ダムのようになって、せき止める役割を果たしていているのがリンパ節で、結果、腫れや痛みとなって現れるのです。
リンパ節の腫れや痛みに関しては、防衛反応の一種とされていて、細菌類から体を守るボディガードのような感じと受けとめるといいでしょう。
炎症で出来たリンパ節のしこりは、完全に消えるまではかなり時間がかかるということです。

リンパ節にしこりがある場合、腫瘍の疑いがありますが、治療による完治は断言できません。
全身に張り巡らされている器官がリンパ節なので、ここでの腫瘍はとても気になるものです。
悪性リンパ節の場合は、治療法は放射線療法か化学療法のみとなり、悪性でやっかいなのは、全身のどこに転移するかわからないところです。
ただ、リンパ節で救いなのは、比較的抗がん剤が効きやすいということです。
そういう意味では、リンパ節の腫瘍というのは全て悪性であると考えていいのかもしれません。
まず、リンパ節にしこりがある場合、真っ先に考えるのが腫瘍になります。
白血病などと同じで、リンパ節の腫瘍がなくなっても、どこかに残っているケースがあるからです。
また、リンパ節の場合、再発する可能性も高いので、とてもやっかいなのです。

リンパ節の腫れに気がつかず、ある日突然、しこりに触れた場合、それはいつの時のリンパの腫れなのかを決めるのは難しい問題です。
首のリンパ節にしこりがあるというのは意外と多く、病院に腫瘍を心配して来院する人は後を絶ちません。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

FC2ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア


  • SEOツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。