FC2ブログ

健康 病気に関する商品についての口コミ情報

健康 病気に関する商品についての口コミ情報 を公開します!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- │ スポンサー広告
2012-08-06

リンパ節に移転

リンパ節に移転がみられる場合、その他の場所にも色々と移転しやすくなるので、注意しなければなりません。
そうなってくると、リンパ節はちょっとしたことで出血したりするので、注意しなければなりません。
腎臓の近くのリンパ節の場合、腎臓を栄養とする血管を圧迫し、血流が悪くなり、腎不全になることもあります。

リンパ節が他の臓器へ移転した場合、予後が良くないのが普通ですが、全部のがん細胞がどこへでも容易に移転するというわけではありません。
例えば、リンパ節の骨移転の場合、腰痛などが起こり、脳移転なら、頭痛や吐き気などが起こります。
リンパ節が腫れている状態というのは、オーバーワークの状態でもあり、そこを管轄している臓器は、がん細胞が移転していることも考えられます。
リンパ節が移転するということは、がん細胞が全身に流れることになるので、治療が困難になります。

リンパ節が移転すると、その場所以外の臓器に移転の可能性があるので、その移転場所によって、それぞれの症状が現れます。
そのため、リンパ節や臓器に、放射線などの治療が行われることはよくあります。
リンパ液に混ざって通るがん細胞や細菌などの判別、排除をしているのがリンパ節なのです。
その状態の場合、リンパ節はかなり大きくなっているので、表面に近い部分は壊死した状態になってかなりもろくなります。
体の各部にあるリンパ節は、関所の役割をはたしていて、いわば、フィルター機能の役割を担っています。
移転した場合のリンパ節に関して、移転した再発がんの症状はその部位によって違ってきます。
そして、その場合のリンパ節の治療法は、がんに直接働きかける積極的治療と、症状の緩和を目的とした支持的治療に別れます。
途中にあるリンパ節でとらえられたがん細胞が成長し、移転が起き、首、脇の下、太腿の付け根が腫れます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

FC2ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア


  • SEOツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。