健康 病気に関する商品についての口コミ情報

健康 病気に関する商品についての口コミ情報 を公開します!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- │ スポンサー広告
2012-08-04

リンパ節の腫れ

リンパ節というのは、耳のうしろで腫れることが多く、これはリンパ液を作る組織が炎症を起こすることでおこります。
つまり、腋の下、そけい部のリンパ節が腫れるということで、これらの腫れは、比較的体の表面近くの変化なので、病気の際の目安になります。
基本的に一度そうした戦いで細菌を殺しても、墓場のリンパ節は、腫れが結局ひかないことが多いのです。
血管が左右対称でないことから、頸部リンパ節に関しても左右対称ではないことが多く、ひどく腫れるということはありません。

リンパ節の腫れの原因は色々ですが、腫れる場合、後頭部の髪の生え際から耳の前後、そして首筋やアゴにかけてのラインが一般的です。
炎がひいてもそこが墓場として腫れることが多く、扁桃炎に限らず、歯の病気や咽頭炎、風邪症候群、風疹などでもリンパ節がおこります。
表面から見て、あるいは触ると、リンパ節は良性であるかどうか、また炎症性があるかどうかがわかるようです。

リンパ節の場合、病院で診察すれば大体のことはわかり、それで良性か悪性かがわかります。
頸部リンパ節は、口蓋扁桃などの組織液、口蓋扁桃からのリンパ液が流れて、そこが戦いの場所となっておこります。
子どもの場合、リンパ節はほとんどが炎症性ですが、小児科や耳鼻科で異常なしと診断されても、急に数が増えることがあります。
また大人でもリンパ節が腫れると、発熱を伴うこともあり、その原因の病巣としては口蓋扁桃の気がつかない炎症も考えられます。
頸部の炎症のリンパ節は、大体は確率的に咽頭炎、扁桃炎が多いとされています。
何故リンパ節が腫れるのかというと、体中をめぐるリンパ液に細菌が入り込んできたものを殺菌しようと白血球やリンパ球が集まるからです。
そして、殺菌された細菌や白血球の死骸により、その結果、リンパ節が腫れてくるのです。
つまり、リンパ節が腫れる場合、それは細菌に対する戦いが進行していることを示しています。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

FC2ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア


  • SEOツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。