FC2ブログ

健康 病気に関する商品についての口コミ情報

健康 病気に関する商品についての口コミ情報 を公開します!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- │ スポンサー広告
2012-08-02

リンパ節とは

そして、リンパ液が運んできた異物をすくいあげるフィルターのような働きがリンパ節にはあります。
リンパ小節でリンパ球の増生が行われ、リンパ洞は濾過装置として細菌や異物を食作用によって処理し、そしてリンパ節では抗体生産も行っています。
また、リンパ節の内部の空所には、リンパ球、マクロファージ、形質細胞、そして少数の白血球などの細胞を含んでいます。

リンパ節は、リンパが通過する間、リンパ中の異物が細胞に捕食され、生体が防御される免疫反応をする器官と言えます。
リンパ節は、体の中に侵入した細菌やウイルスを処理するため、リンパ球を作りだします。
哺乳類のリンパ管の所々に存在する球状もしくは、大豆状の膨らみがリンパ節にはあり、結合組織性の被膜に包まれています。
異物に対してリンパ節は、リンパ球が抗体を出して体の中に侵入しないように防御します。
首、わきの下、曾径部、体の奥などにあるアズキぐらいのものがリンパ節で、個人差はあるものの、全身に800個くらいあると言われています。
基本的にリンパ節には、リンパ液の濾過をする働きがあり、リンパ管の中を流れてくるリンパ液に細菌などの微生物や異物が混ざっていると、それを濾過します。
抗体を生産する働きもあり、リンパ節で捕らえた細菌が出す毒素を中和して抗体を作ります。リンパ節とは、哺乳類の免疫器官のひとつで、これは全身から組織液を回収し、静脈に戻すリンパ管系の途中に位置するものです。
細網組織から構成されるリンパ洞と、リンパ球の集まるリンパ小節によって、リンパ節は構成されています。
リンパ節の周囲から多くのリンパ管が入って、一部の凹んだリンパ門からリンパ管が出る構造となっています。
ブタのリンパ節は他の動物と違い、皮質と髄質が逆に位置するのが特徴と言えます。
癌細胞が組織液に遊離してリンパ管に流入した場合、リンパ節は、癌細胞をせき止めて殺そうとしますが、殺しきれない場合は転移してしまいます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

FC2ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア


  • SEOツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。