FC2ブログ

健康 病気に関する商品についての口コミ情報

健康 病気に関する商品についての口コミ情報 を公開します!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- │ スポンサー広告
2012-07-04

豆乳鍋レシピの材料

豆乳鍋レシピというのは実に重宝なもので、とにかく豆乳ベースのスープさえ使えばいいんです。
そんな豆乳鍋は、大豆イソフラボンとコラーゲンたっぷりで、美容にも健康にもいい一品。
他にも、個々に材料やスープに拘った豆乳鍋レシピというのが、料理関連のブログやサイトには沢山紹介されているので、いろいろ調べて試してみると楽しいでしょうね。
ただ、豆乳という性質を考慮すれば、それなりに適した材料や適した豆乳鍋レシピというのが明らかになって来るでしょう。
後は和風の出しで割れば和風の、中華風の出しで割れば中華風の、洋風のスープで割れば洋風豆乳鍋レシピの出来上がり。
先ほどもご紹介したように、材料はなるべく薄めに切っておくのが私流豆乳鍋レシピですからね。
豆腐や油揚げを推奨している豆乳鍋レシピはわんさかあるんですけどね。
でも、落ち着いて考えてみれば、湯葉や厚揚げだって、豆腐や油揚げと同じ大豆加工品です。
相性という事に拘って言えば、なるべく塩分が薄い材料を薄く切って使うのもポイント。
鍋は素材が命なんてよく言いますが、いえいえ、鍋の命はスープだという考え方も大いにありでしょう。

豆乳鍋レシピでは、比較的スープの作り方に拘っているものが多いような気がします。
そう、最初にもチラリと書いた通り、豆乳ベースのスープで煮込む鍋レシピは、基本的にみんな豆乳鍋レシピなのであります。
例えば、普通の水炊きやキムチ鍋などには余り入れない厚揚げや湯葉。
豆乳鍋というと、一見あっさりした風味を思い浮かべられるかも知れませんが、これがそうでもないんです。
むしろ、とても濃厚な風味の鍋と言えるので、根菜類をじっくり煮込むような豆乳鍋レシピもおすすめです。
当然、多くの豆乳鍋レシピでは、最後に麺類で締めるという記載があります。
勿論、具材だってスープに合わせていくらでもアレンジ出来ます。
その際、うどんを推奨しているものもあれば、中華麺を推奨しているものもありますが、私のお勧めはきしめん。
まあ厚揚げや湯葉を材料欄に載せている豆乳鍋レシピは余り多くないかも知れませんが、これが案外グッドだったりなんかするのであります。
当然、締めの麺類だって、薄めのきしめんの方がスープが染み込みやすくて美味しいだろうという考え方です。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

FC2ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア


  • SEOツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。